砂地で注意

天気:☀/風向:E/気温:32.8℃/水温:30.6℃

久しぶりの海でした。

水温はまだ30℃を超えていて、暖かです。

竹富島の南側は、以前はヤシャハゼやヒレナガネジリンボウ、ヤノダテハゼ、ホタテツノハゼ属の1種等、色々なハゼが見られました。ここ数年はとっても少なくなっていたのですが、今年は数個体見られるようになりました。

個体数の変動は、年によって周期があるのか、ダイバーが入り過ぎなのか・・・。

 ヤシャハゼ

 ヒレナガネジリンボウ

ギンガハゼは減ってしまいました。

 ギンガハゼ

とりあえず、ダイバーは砂を巻き上げたりずりずり這ったり、海底になるべくダメージを与えないように注意しなくちゃね。

海底に降りる時も離れる時は、ツンツン棒を使ったり、BCの浮力を上手く使って、ヘリコプターが下りたり上がったりするようにしたり、海底に降りているる間は接地面をなるべく少なくしたり、動かないようにしたり、ちょっとだけ注意して器材を上手く使えば可能です。

なかなか上手く撮れないなぁ

ハマクマノミ幼魚

ルリヤッコは良く動くし、ちょっとした角度の変化で、キレイな色が写せない。難しい(+_+)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。