天気・海況予想は難しい

天気:☀/風向:ESE→ENE→NE/気温:28.8℃/水温:26.0℃

今日の朝の天気予報は、「北東の風後やや強く」でした。

天気図を見ると

前線のしっぽがどうも怪しい。レーダーを見ると雨雲は台湾まで伸びている。前線はもっと長いかも知れない。こういう時は今静かでもうねりが入って来ることが多い。

朝は風が弱くうねりはほとんどなかったけど、お昼頃には波長の長い結構なうねりが入って来ました。水中も揺れるぐらいでした。

マンタポイントにお昼前に行こうか、朝一で行こうか迷ったけど、朝一で行って良かった。

天気が良くても海は繋がってるので、遠くで発生した波が伝わって来ることもあり怖い。

現在はリアルタイムで天気図やレーダー画像を見れるから助かります。でも最終的にはそこから自分の経験で判断しなければならないからなぁ・・・それが問題です。

明日は毎年恒例の海底遺跡調査があります。母校の東海大学や沖縄、大阪の博物館の方が調査を行います。

今日は調査に参加する海洋学部海洋文明学科(私が学生の頃にはなかった学科です)の学生さんがファンダイビングにやって来ました。

1ダイブ目でマンタを見てしまいました(^o^)午後は竹富島の南側の砂地に行ったのですが、何とそこでもマンタを見てしまいました。マンタに憑いてる学生さんです(^O^)

ただ、ゴープロを持っていた学生さん1人だけが見れなかったのが・・・申し訳ないけど笑える(^O^)明日遺跡調査中に見れると良いね。

砂地では久しぶりにホタテツノハゼ属ツノハゼ属の1種を見ました。コトブキテッポウエビがキレイです。

ウミウシカクレエビもいました。

卒業してから31年になります。母校には卒業してから1度も行ってません。変わってるだろうなぁ・・・。

もう一度海の事をしっかり勉強したいです。